フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

在宅フリーランスエンジニアの働き方と在宅案件の知識!

「在宅フリーランスエンジニア」という響き、何だか新時代的でとてもスマートな響きに聞こえませんか?会社に属するのではなく、フリーランスとして自由な働き方を求める人が増えています。一方、憧れはあるけれども「在宅プログラマーに転職するには何をすればいい?」「技術者が個人事業主になるとどんな働き方になるのか分からない!」と不安に思う人も少なくありません。フリーランスは作業の進め方が自由で、面倒な職場の人間関係を避けられるなどのメリットがある反面、仕事内容の品質を保つのは当然のこと、受注交渉や納税関連などが全て自己管理となるデメリットもあるのです。でも、心配することはありません!事前に在宅フリーランスエンジニアに関する知識を、頭の中に入れておけば良いのです。

需要が激増!高額報酬が狙える「在宅フリーランスエンジニア」の働き方

ライター・事務・データ処理などさまざまな在宅ワークがありますが、その中でも高収入が期待できる在宅フリーランスエンジニア。ITの知識がある場合、副業としてサービス開発の仕事を在宅で行う人や在宅プログラミングのバイトを始める人が増えています。近年、クラウドソーシングサービスでも、在宅エンジニアの求人への需要が激増しています。さらに高単価の受注獲得が期待出来る在宅フリーランスエンジニアの働き方の特徴をご存知ですか?ここでは在宅フリーランスエンジニアの働き方における4つの特徴をご紹介します。

特徴1.好きな場所で働ける気軽さ

「プログラミングの技術を活用して在宅の仕事に転職したい」という人の希望理由として必ずあげられるのが、好きな場所で作業ができるという気軽さです。自宅・図書館・カフェ・ファミリーレストランなど、会社という場所に縛られずに働けることが、在宅フリーランスとしての醍醐味なのです。

特徴2.時間を自由に使うことができる

時間の使い方が勤怠管理されず自由な点も、フリーランスの魅力です。満員電車に押し込められて出勤する必要もありませんし、好きな時に好きな方法で仕事をしてよいのです。基本的にフリーランスは納期までにクライアントが求めるレベルの仕事がきちんと達成されることが最大の目標であって、会社員時代のように企業規則に縛られる必要はありません。

特徴3.高いスキルが求められる

在宅フリーランスエンジニアとして年収が割と高い人は、それだけ難易度の高い内容に対応できるスキルを持っています。やはりフリーランスとして生計を立てていくためには、自分に付加価値を付けることが大切!「この人だからこそ、お任せしたい」と思えるような高いスキルを常に習得し続けていくことが、継続契約や定期的な受注獲得につなげる方法です。仕事と勉強の両立をして単価アップを図るようにするのが、在宅フリーランスエンジニアの働き方なのです。

特徴4.自己責任というプレッシャー

フリーで働いていく上で、自己責任というプレッシャーから逃れられることはありません。企業に属していると同僚が助けてくれたり、会社が責任を取ったりしてくれます。しかし、在宅フリーランスの場合、エージェントやクライアントとのかかわりが中心になります。そのためクラウドソーシングなどで働いている場合、不安を他人と共有するのは難しく、基本的に全てが個人の責任です。

在宅フリーランスエンジニアのコミュニケーションツール

在宅フリーランスエンジニアとして、クライアントとのコミュニケーションを図るときには、以下のツールをお使いになると便利です。

チャットツール(LINE・チャットワーク・Slackなど)

非常駐で働いていても作業報告などのやりとりが必要です。これには、チャットツールが断然便利です。案件ごとフォルダやメンバーの管理に対応できますし、相手の時間をあまり気にすることなく連絡が取れるので利用頻度は非常に高いです。

テレビ電話(Googleハングアウト・Skype)

メールやチャットの文面だけではイメージが伝わりにくいこともあります。内容の詳細を検討する場合や作業が複雑で不安な要素をなくしたい場合には、お互いに顔を見ながら話ができるテレビ電話を活用し、直接話す機会を作るとよいでしょう。

バージョン管理ツール(GitHub)

コードのやり取りがクラウド上でできるツールで、複数人でシステム開発をしていく上では欠かせません。

準備するものは、PC環境!自信とやる気も重要

転職したばかりで人脈も個人での実績もないときは、まずPC環境をしっかりと整えることが大切です。責任を持って仕事をこなしていくためには、まず確実に仕事をこなせる環境が第一!

また、フリーランスとしてクラウドソーシングなどに登録するからには、受注をとり仕事を継続していくことが重要です。エージェントや人脈を活用する機会もありますが、第一に自分自身のスキルに自信を持つべきですし、常に仕事に前向きに取り組んでいくやる気で契約の獲得に努めましょう。


探し方が稼ぎを左右する!在宅案件の特徴と狙い目の案件とは

フリーランスエンジニアとして在宅で働いていく場合は、リサーチ力と計画性が大切です。時間は無限にはありませんから、エージェントに登録し紹介を受ける際も、打診が来たからと深くイメージせず契約するのではなく、確実に稼ぐことができる案件を選びましょう。また、在宅で対応可能な案件なのかどうかもしっかり検討しておくことが大切です。

在宅OK案件と在宅NG案件とは?

さて、在宅フリーランスエンジニアとして効率よく稼いでいくためには、在宅OKの案件とNGの案件をきちんと判断していくようにしましょう。

在宅OK案件

在宅OK案件は、仕事を進めていく上でクライアントと密なコミュニケーションが不必要な案件を指します。与えられた条件のもとで業務に取り組み、カタチにしてクライアントに提出するような案件は、在宅でも可能でしょう。エンジニアであれば、定期的なシステムメンテナンスやプログラミング言語を使ったWebアプリケーション開発などです。

在宅NG案件

在宅NG案件の特徴は、コミュニケーションを密に取りながら進めていく仕事です。例えば、システム開発のマネージャーとしてさまざまな部署と情報を共有していく仕事や、全体を統括していくようなお仕事は常駐または常駐と在宅の組み合わせで働く必要があります。エージェントからWebサイト開発、サービス開発案件と紹介を受けた場合でも、内容によっては完全在宅が難しい場合があり注意が必要です。

狙って稼ぐ!儲かる在宅案件の特徴

「在宅フリーランスエンジニアとして、高収入を獲得したい!」という確固たる目標を持っているのなら、確実に稼げる案件を狙っていくアグレッシブさを身に付けましょう。そこで、儲かる在宅案件の特徴をまとめてみました。案件検討の際にこのような特徴がみられた場合は特におすすめです。

特徴1.データ解析スキルが求められる案件

システムを開発することだけではなく、現在注目されているのがデータ解析の分野です。昨今企業が記事へのアクセス状況やWebサイトなどから取得したデータの活用を重要視し始めたため、データ解析に対応できる技術者の重要度が増してきたからです。在宅フリーランスエンジニアとして、データ解析の分野に強くなれば、高単価案件が舞い込んでくる可能性は高まります。

特徴2.会社の立ち上げ時の案件

会社の立ち上げ時は在宅フリーランスエンジニアとしての実績や経験が少ない人でも、比較的条件の良い案件に巡り合う可能性が高いです。会社をスタートさせる時には、さまざまなシステムが必要となりますし、また経営陣もIT活用に積極的なケースがあり、在宅ワークを検討してくれる場合も多いです。

特徴3.需要高まる!スマートフォンゲーム

近年急激に成長しているのが、スマートフォンゲームの分野です。時代を意識して、いつでもどこでも遊べるスマホゲームの開発に乗り出す企業が増えています。IT業界の中でも注目されている分野だからこそ、案件も増えているのです。


在宅フリーランスエンジニアが案件を維持するコツと難しさ

在宅フリーランスエンジニアとしてイメージどおりに生計を立てていくのは、決して簡単なことではありません。なぜなら、日本はまだ企業間取引がメインだからです。

インターネット業界でよっぽどそのスキルを認められて、属していた企業からも惜しまれた上で独立したエンジニアなら困ることはないでしょうが、人並みの実力と人脈しかない場合はきっと苦労することでしょう。

信頼と実績を積み上げるしかない。仕事が仕事を呼ぶ

在宅フリーランスエンジニアとして活躍していきたいのなら、基本的にはコツコツと確実に仕事をこなし、信頼と実績を積み上げる方法がおすすめです。

フリーランスの場合は、誰も助けてはくれませんし、仕事はすべてが自己責任になります。

つまり、仕事が仕事を呼ぶというわけです。フリーランスとして登録してすぐにうまくいく人はごく稀です。案件紹介サイトなどを活用しつつ、根気強くクライアントの要望1つ1つに応えていくようにしましょう。

【相談無料】案件の紹介や自身のキャリアについてなど相談したい方はこちら
プロのコーディネーターが初めてフリーランスになるか悩んでいる方と個別で相談にのります

Return Top