フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

稼げるフリーエンジニアとは?1人で成果を出す5つの方法

ITエンジニアであれば、独立してフリーエンジニアになり自分1人だけで成果を出してみたいと感じるシーンがあることでしょう。人間関係がうまくいかないとき、副業だけでは足りずもっとお金を稼いで生活を楽にしたいときなどに感じる人がいますよね。または、時間を自由に使ってみたいシーンでも感じるかもしれません。ここでは、フリーエンジニアになることを検討している人に向けて、フリーエンジニアの実態をご紹介していきます。稼げるフリーエンジニアとはどんなエンジニアなのか、1人で成果を出すための5つの方法をチェックしていきましょう。

フリーエンジニアとは?

フリーエンジニアとは、会社に所属せずに独立してエンジニア業務を副業ではなく本業として行うフリーランスエンジニアのことです。主に、個人事業主として活動することになります。デザイナーやライターも合わせたフリーランスの平均収入は400万円とも言われていますが、フリーエンジニアはもう少し高い収入も期待できます。フリーランスになるためには、現在所属している企業を退職し、自分の経験、能力とスキルでクライアントに営業活動をしていくことになるでしょう。クライアントにツテがある場合には、スムーズにフリーランスとしても活躍できますが、独立した後は環境が整っていないとクライアントを探し調査する工程に時間がかかるかもしれません。

フリーエンジニアになるには最初にビジネスモデルを自身でデザインする必要があります。フリーエンジニアとして自分の経験とスキルを売っていくわけですから、働き方も様々です。商品を作成して売る方法と、企業のプロジェクトに個人で契約して安定した金額の月収を得る方法、人月単位などで計算した工数見積もり金額を提示して一部のプログラミング作成の依頼を受ける方法など、様々なビジネスモデルが存在します。調査も兼ねて副業で試し、自分が本業とするスタイルを決定してから、独立して営業活動を行う方がスムーズに活躍できることでしょう。

フリーエンジニアのメリット

独立開業してフリーエンジニアになることのメリットには、時間が自由に使え、生活を自身でデザインできることが挙げられます。また、環境の整った在宅で仕事を行う、会社と直接契約して数ヶ月常駐するなど好きなワークスタイルを自分で決められることもメリットと言えるでしょう。現在の年収が400万円より低い場合など、頑張り次第では、会社員よりも稼げるところも魅力です。年齢制限がなくいつまでも働けることも嬉しいポイント。しかし、自分の好きな仕事ができることが1番のメリットだと言えるでしょう。環境や生活を変えず子育て中のすき間時間を利用して副業感覚で一定の金額を稼ぎたいママさんや、束縛される環境や生活を好ましく感じないビジネスマンの方には嬉しい働き方になりますよね。

フリーエンジニアのデメリット

とはいえ、フリーエンジニアにもデメリットは存在します。第一に平均的な会社員のように安定した月々の収入が保証はされないという点です。他にも保険などへの加入は自分で行うこと、確定申告を行い、納税を自分で行わなければいけないこと、年金なども毎月自分で支払う必要があることなど本業以外の作業がある点も挙げられます。フリーランスでは個人ですべての業務を行う必要があるため、見積もり、工数計算、請求書、契約書などの煩雑な本業以外の業務も一人でこなしていかなければいけません。これらをこなせるだけの平均的な知識も必要になってくるでしょう。

自分1人で成果を出す5つの方法

自分1人で成果を出すためには、5つの基本を抑えれば年収400万円程度は稼いでいけることになるでしょう。フリーエンジニアには仕事がない状態はつきもの。そんな場合には、ご紹介する5つの方法で乗り切ってみてくださいね。

1. 事務処理の知識とスキルを身につける

フリーエンジニアを本業として自分だけで成果を出すためには、エンジニアとしての平均的なスキルだけでは成功できません。フリーランスになるに伴い、これまで経験のない事務処理や、分からないことを調査しつつ自分で行えるスキルが必要です。その仕事をいくらで請け負うのかを工数見積もりから計算し、利益を乗せて見積もる能力は必須だと考えるといいでしょう。折角フリーランスになっても利益を生まなければ意味がありません。エンジニアの経験・スキルプラスアルファで仕事の受注に必要な事務処理の知識とスキルを身につけましょう。

2. 良いクライアントを見極める目を持つ

大切なことが良いクライアントを見極める目を持つことです。フリーランスということは、場合によっては、契約通りきちんと支払いがされないケースもあるということ。収入が保証されているわけではないため、信用できるクライアントパートナーになり、継続的な契約を取っていく必要があるのです。コミュニケーションの取りやすさはもちろん、柔軟に対応してもらえるクライアントであることを見極める必要があります。成功するためのキーポイントになるでしょう。しかし、見極めただけでは仕事にはつながりません。目を養った上で上手に営業していくことも忘れずに。人脈を広げて仕事を積極的に受注していきましょう。

3. 自己管理能力を高める(納期遵守)

大切なことが良いクライアントを見極める目を持つことです。フリーランスということは、場合によっては、きちんと支払いがされないケースもあるということ。収入が保証されているわけではないため、信用できるクライアントとパートナーになる必要があるのです。コミュニケーションの取りやすさはもちろん、柔軟に対応してもらえるクライアントであることを見極める必要があります。成功するためのキーポイントになるでしょう。しかし、見極めただけでは仕事にはつながりません。目を養った上で上手に営業していくことも忘れずに。人脈を広げて仕事を積極的に受注していきましょう。

4. 勉強を怠らない

フリーランスでも、会社員だったとしても、エンジニアであることを忘れてはいけません。IT分野は時代の移り変わりが早く、新しい技術にすぐに置き換わっていきます。会社員時代に培った経験とスキルを平均的に維持していくだけではダメだということです。独立後も常に情報には敏感になり、最新技術の動向には目を向け、何を取り込み、どの技術を採用していくのかを調査し意思決定していきましょう。クライアントの要件にあった成果物を柔軟に作成していくフレキシブルさは必要です。そのためにはIT業界の動向をまとめたブログや技術ブログなども調査し情報収集しましょう。勉強の成果を自身の技術ブログで情報発信することを生活習慣にすると宣伝にもなりおすすめです。デザインやライティング技術も学ぶと、技術に明るいWebデザイナーやライターとして稼げる口が増やせます。

5. ビジネスモデルを確立すること

フリーエンジニアとして自分1人で成果を出すためには、1人だけで実践できるビジネスモデルを確立することが大切。成果を出すということはクライアントにはアウトプットとして見える形で納品するということです。自分に見える成果とは、仕事に対する報酬と言えるでしょう。独立する前に副業としてビジネスモデルを試すという方法もあります。会社員時代よりも年収がアップすることを第一前提に考え、計算し尽くしたビジネスモデルをしっかり確立することが大切です。

稼げるフリーエンジニアが多い職種

いざ、フリーエンジニアになった場合には、どの職種が稼げるのでしょうか。SIerなどの経験があるなら、コンサルティングを本業とすることで高額収入が見込めるかもしれません。しかし、クライアントに心当たりがない限り、仕事探しの活動は大変になることを覚悟してください。比較的案件が多く、平均な人よりも稼げるエンジニアになる近道はWebアプリケーションエンジニアやスマホのアプリケーションエンジニアです。昨今流行りのFintech(フィンテック)業界などではフリーランスのエンジニアも需要が高めなのでチェックしてみるといいでしょう。また、フリーエンジニアに望ましい職種はフルスタックエンジニア。さらにデザイナーもライターとしても仕事を受けられるとさらにベターです。デザイナーやライターも兼ねられると、仕事内容に関係なく稼げるエンジニアになるため、クライアントから重宝され、大きな金額を稼げて年収も400万円を超えることになるでしょう。その他、ゲームアプリケーションエンジニアであれば、自分でゲームデザインをしてソフトを作成し、ゲームソフトを売っていく活動をすれば稼げるエンジニアになれますよ。ハードウェアのエンジニアやネットワークエンジニアの求人は比較的少ないため、フリーエンジニアになってもあまり成功できないかもしれないので注意してください。

フリーエンジニアの単価が良い案件の探し方

フリーエンジニアが平均よりも良い単価の案件を探すためには、フリーランス専門の求人サイトなどから検索する方法とクラウドソーシングなどのエージェントを利用して高単価な案件を探す方法があります。独立前に副業をする感覚で検索してみましょう。契約など煩雑な事務を代行してくれるため、エンジニア業ができる環境を望む人にはエージェントの利用が適した方法です。ただし、利用料金を支払う必要があるため、料金を計算して金額を確認し、問題がないか注意してくださいね。クラウドソーシングアプリ内では自分で作った商品を営業できるサイトも存在していておすすめです。

稼げるフリーエンジニアになるための人脈の広げ方

大切なことは人脈の広げ方です。出会いを大切にし、良いクライアントと出会った場合には、「いつでもまたご連絡ください」と丁寧に名刺を渡し、他の会社にも紹介してほしい旨を伝えておきましょう。名刺にはメールアドレスやブログのURLを記載し、見やすいデザインにすることがおすすめです。その他、IT系のイベント活動には積極的に参加して情報交換し、技術ブログを開設して情報発信するなど自分を売り込む努力をしましょう。デザイナーやライターなど異業種フリーランスとの交流・情報交換もおすすめします。そうすることで良い人脈は広がり、400万円以上稼げるフリーエンジニアへの近道になることでしょう。

【相談無料】案件の紹介や自身のキャリアについてなど相談したい方はこちら
スタートアップ、ベンチャー、大手・上場企業、VCなどIT業界の人脈豊富なコンサルタントがサポートさせていただきます

Return Top