フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

フリーランスエンジニア向け求人サイトの活用法

フリーランスエンジニアの案件探しには、求人サイトを利用する、クラウドソーシングサイトを活用する、自身で営業をかける、人脈から紹介してもらう、スカウトする等の方法がありますが、個人のフリーランスエンジニアはいかんせん無力になりがち。そんな人が重宝するのがフリーランスエンジニア向けの「求人サイト」です・
今回の記事では、フリーランスエンジニア向けの求人サイトの活用法や特徴、案件の傾向や求められる実績・スキルについてご紹介しています。求人サイトを活用することは、充実したフリーランスライフに繋がります。ぜひ前向きに利用してみてください

フリーランスエンジニア向けの求人の特徴

フリーランスエンジニアの皆さんにおすすめしたのは、求人サイトやクラウドソーシングサイト等を活用して、自分の仕事を自分で見つけていくということ。中でも、いくつかある求人サイトの特徴や傾向、システム、運営方法等を把握し、対応策を講じておくことはそのまま、フリーランスエンジニアライフによい意味での影響を及ぼします。いずれの求人サイトも、登録は無料で簡単です。まずいくつかのサイトに登録し、サイトごとの特徴を把握するところから始めるのもよいでしょう。

2018年の各求人サイトの流れとしては、WEB系のプロジェクトが増加傾向にありました。資金の調達に成功したスタートアップの企業やベンチャー企業、そして大手IT企業が舵をとっているWEBサービスの開発業務等が多く見受けられます。これらの案件に携わることができれば、エンジニアの腕いかんで高単価での受注も期待できるはず。さらに、ガジェット系の開発案件が徐々に増加する流れも見逃せません。

2015年を境に増加したIoT系のプロジェクトでも、様々な求人が行われている模様。IoTを推進するに当たって、幅広い業種がIT人材を求めており、まさに引く手あまたの状態です。最新の技術を身につけることこそ大変ではあるものの、秀でた技術さえあれば、高齢でも案件にありつけるというのがIT人材の現状です。こうした流れから、今後ますますIoTフリーランスエンジニアの重要が増えていくでしょう。

次に、フリーランスエンジニア向け求人サイトの代表格4つをピックアップして、その特徴をそれぞれご紹介します。WEBサイトごとの特徴がつかめるはずですので、ぜひ参考にしてみてください。

geechs job(ギークス ジョブ)

geechs job(ギークス ジョブ)は、報酬の高さで評判となっており、フリーランスに対する各種サポートの充実ぶりも人気の求人サイト。福利厚生がしっかりしているのは、不安定になりがちなフリーランスにとっては嬉しいサービスだと言えます。リピート企業も多く、案件終了後も継続して他の案件を依頼してもらえることが多いのだとか。その結果、収入の安定度が高いのもこのサイトのメリット。スキルアップのためのセミナー等も積極的に開催しており、オススメの求人サイトです。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、15,000人ものフリーランスユーザーを抱える人気サイトです。サイトへの信頼度と評価が高い秘密は、多数の掲載案件の中から選び抜いた高単価案件を担当者が紹介してくれる点にあります。常時800件以上もの案件を抱えており、契約延長率も90%越え。そんな驚きの数字からも、クオリティの高さがうかがえます。担当コーディネーターがフリーランスエンジニアの希望をしっかりとヒアリングし、フォローも充実しているから不安もありません。

エンジニアファクトリー

エンジニアファクトリーの特徴は、人気企業や優良企業からの募集が多数あり、単価も高い傾向にあるのが特徴です。週5日以上の案件が多く掲載されており、短期集中で高い収入を得たいという方にもおすすめです。フリーランスエンジニアとしての実績や多種多様なスキルがあってこその案件が豊富に用意されているので、自分にマッチした案件がないかどうかをチェックしてみるだけでも価値があります。名前の知れた企業のプロジェクトが多数提示されているので、詳細を確かめてみましょう。

スキルサーフィン

スキルサーフィンも見逃せない求人サイトの一つです。常時400件以上もの依頼が並べられ、エンジニアへの対応に特化しており、フリーランスエンジニアが依頼の内容を確認しやすいシンプルなつくりが高い評価を集めています。これまでの実績やスキルを専門のカウンセラーが詳細に分析し、マッチする案件を提案してくれる――スキルサーフィンの支援にはそんな流れが組み込まれており、そうした提案から、自分自身が納得できる案件に出会える可能性も高くなっています。

フリーランスエンジニア向けの求人の特徴

次に、フリーランスエンジニア向けの求人サイトの基本的な使い方をご紹介しましょう。上に挙げたような求人サイトのシステムを上手に活用することができさえすれば、フリーランスライフも有意義なものになるはず。その恩恵を最大限に享受するためにも、以下でご提案する内容をぜひ参考にしてみてください。

なるべくたくさんの求人サイトに登録をする

フリーランスエンジニア向けの求人サイトにはそれぞれの特性があり、取り扱っている案件の種類や数、求められるスキル、支援の方法等も異なります。いずれも登録は無料ですが、案件のコーディネートに得手不得手があるのも事実です。だからこそなるべくたくさんの求人サイトに登録し、ご自身でゆったり詳細を確認しながら選んでいきましょう。そうした事実がのちのちの不安を軽減してくれます。

案件はなるべくたくさんチェックする

求人サイトには多数の依頼が掲載されています。サイトへの登録がすんだら、なるべくたくさんの案件を比較検討しましょう。そこでおすすめしたいのが全件検索です。こうした検索をかけるメリットは、自分によりマッチした案件を取りこぼすことなく、ピックアップできる確率が高まること。さらに、企業からの依頼内容を簡単に把握できるため、その傾向を把握するのにも役立ちます。さらに、ニーズに合わせて自身のスキルをアップさせるヒントにもなります。たくさんのサイトに全件検索をかけるのは簡単なことではありませんが、募集の傾向を把握することがその後の受注や収入にダイレクトに影響してきます。多少時間はかかっても、怠らないようにしましょう。

エージェントとの信頼関係を構築する

フリーランス人口は近年ますます増加傾向にあり、各求人サイトのサービスも非常に上質になってきました。こうしたWEBサイト上で案件をコーディネートしたり、フリーランスライフをサポートしてくれるエージェントも、熱心に支援してくれます。ここで覚えておいていただきたいのが、こうしたエージェントと可能な限り良好な関係を保つべきだということ。そうした関係性を築くことで、案件が途切れるといったピンチの時にも、いろいろと融通してもらえるかもしれません。さらに、優先してよい情報を回してもらえるといったメリットもあるでしょう。実は、求人サイトのエージェントとフリーランスエンジニアとは一蓮托生の関係にあります。互いによい関係を築けるよう、意識してみましょう。

フリーランスエンジニアに人気の案件の傾向とは

フリーランスエンジニアに人気の案件としては、やはり高単価なもの。マーケットで高単価になりがちな案件には、傾向があります。冒頭の記事とも重複しますが、現在ニーズが高まっているのはWEB系の案件。勢いのあるスタートアップ企業やベンチャー企業、大手のWEBサービス案件が高単価になりやすいとされています。

この他に高単価で受注できる案件としては、国内で対応できるフリーランスエンジニアが少なく、希少価値が高いもの。Pythonや経験者がまだ少ないGo、ニーズに対して技術者が不足しているRuby等ができ、フレームワークやインフラについての知識も持ち合わせている――そんなハイスキルな人材が携わる案件で単価が高くなる傾向にあります。日々新しいスキルを磨いておくことで、人気の案件に辿りつきやすくなるのも事実。そのため、フリーランスエンジニアの方々は、自分の価値を高めるためにも、常に日々の努力を怠らないようにしてください。

2018年にエンジニアが求められるスキル

委託案件数としてはJava、PHPが全体の半数近くを占めています。2018年現在ではRuby、JavaScriptの案件数も非常に大きく伸びました。

Rubyはアップデートが早く、フレームワークの出来が優秀なため、現在では多くの企業に採用されています。また、ブラウザの発達やHTML5の登場によるWEB系案件の増加にともない、並行してニーズが高まってきたスキルがJavaScriptです。

他にも今注目されているIoT関連の案件でよく使われるのが、WEB系の技術や組み込み系の技術です。これらは、今後ますます需要が高まるでしょう。

フリーランスエンジニアに求められるスキルは、IT業界のトレンドの影響を大きく受けます。日々これらの情報を収集し確認して、求人サイトの案件等と照らし合わせつつ、技術を磨いておくことが重要です。先の受注を見据えた学習ができるようになると、フリーランスエンジニアとしての自分の価値も高まっていくはずです。
こういったセルフプロデュース能力もスキルのひとつ。フリーランスエンジニアの方は、一般的な正社員以上に自分を磨くことを強く意識しておく必要があります。

まとめ

ここでは、フリーランスエンジニア向けの求人サイトの使い方や案件の動向等を解説してきました。持っているスキルやキャリアは人それぞれですが、将来を見据えて戦略的に求人サイトを活用したり、自分の技術を磨いたりと、時間を有効に使いながら日々を充実させることが高い収入を得ることにもつながります。今回の記事があなたのフリーランスライフのお役にたてれば幸いです。

【相談無料】案件の紹介や自身のキャリアについてなど相談したい方はこちら
スタートアップ、ベンチャー、大手・上場企業、VCなどIT業界の人脈豊富なコンサルタントがサポートさせていただきます

Return Top