フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

フリーランスエンジニアの転職事情!正社員に戻れるの?

エンジニアとしてフリーランスで働く環境に慣れると、もう一度正社員になるのは難しいと考えたことはありませんか?

企業勤めをしない期間がある分、転職に必要な履歴書や職務経歴書の書き方についても悩まされる部分になります。しかし、現実的に考えればフリーランスとしてIT業界の第一線で即戦力として働いているのですから、必ずしも不利な評価を受けたり、正社員に戻れなかったりするということはありません。

新卒で正社員として経験を積んだ後、フリーランスとして独立して仕事を受注し、自ら業務を遂行、顧客とのコミュニケーションを含めて、厳しい環境で会社勤めでは得られない経験をしている方であればネガティブに考える必要はないのです。

逆に、フリーランスとして一定期間活躍してきたエンジニアだからこそ、転職や正社員への道を考えるタイミングが常にさらなるスキルアップだけでなく、キャリアアップのチャンスでもあります。今回はフリーランスエンジニアの転職事情や正社員として再入社できるのか、再就職のポイントについてご紹介します。

フリーランスエンジニアであることに固執しない

一般的に、フリーランスエンジニアが転職を考えるポイントは、将来を見据えたとき、大きなプロジェクトが終わった後、結婚や出産、介護などのライフイベントが起きたときでしょう。改めて正社員として入社し安定した仕事をしたいと希望するタイミングは生活環境の変化により重視するものが変わったときです。

個人事業主として働き始めたときは、だれしも未知の領域であり、小規模ながら自分自身で一企業と同じように事業全体を回し、営業から経理、宣伝用サイトの作成・更新やエンジニアとしての業務も含め多忙を極めかねません。技術だけではなく、今までになかった視野や知識・考え方を学ぶ機会もあるでしょう。同時に自分でスケジュールを組みながら、案件の受注や規模によっては外注に出す必要も出てきます。

金銭面的な相場や元請け、下請けの感覚など、一般的ではないIT業界特有の立ち位置や立場を変えながら、みずからの利益を確保しながら、生活するために努力されていたでしょう。フリーランスに感じていた魅力よりも安定的な生活や担当エンジニアとしての業務に集中したくなることや、プロジェクトなどで結果を出し満足する場合もあります。

転職を考えるタイミングにありがちなのがフリーランスであることに固執してしまうことです。しかし、生活や人生というものは個人の能力によって年収やスケジュールが決まっていくよりも会社員として働いていくことのほうが安定だけでなく安心感がある場合もあります。「せっかく希望通り独立してフリーランスで働けるようになったのに」と心のどこかで迷いやネガティブな気持ちもでるかもしれません。ただし、想像していた以上に安定した収入が得られなかったと感じているのであれば、固執し過ぎるのは注意が必要です。

フリーランスに固執するからこそ、フリーランスのデメリットも把握しているでしょう。目を背けたい気持ちよりも乗り越えてきた思いが強い場合もあります。まずは転職や正社員として働きたいと感じた気持ちが生まれたタイミングだからこそ、素直に再就職への道もあることを受け止めるようにすることが重要です。

フリーランスから正社員の転職は可能

IT業界はいまだに売り手市場が続いています。転職となれば新卒の就活とは違った就職活動をすることになり、再就職のためには準備も必要です。転職用求人サイトへの登録はもちろんエージェントサイトの登録も済ませ良い担当エージェントを見つけましょう。エージェントからは有益な情報が得られます。新たに書類を作成して応募したいIT企業を探し、求人募集を見つけたらすぐに応募の登録、採用面接の段取りもします。

フリーランスエンジニアとして活躍していた人の多くは、独立前にエンジニアとしてのみ働いていたころよりもコミュニケーションスキルが確実にアップして採用面接時の質問にも答えられ、アピールもできるはずです。そして企業勤めとしての経歴はなくとも、これまでのキャリアを実績という形で担当業務の内容、自分の強みなどをまとめて職務経歴書を作成することも難しくありません。

実際にフリーランスで仕事を受注するときに必要なポイントは、採用面接や就職と同じように自分のキャリアや強みをアピールし、受注できるようにする努力です。エンジニアであれば受注案件についても幅広く対応する必要があり、学びながらでも案件を遂行することも少なくありません。

売り手市場が続く今、問題解決能力も高く、質問の受け答えもしっかりしていて第一線で業務をしていたのであれば、一般的に考えてIT企業が求人募集で記載している即戦力として重視する人物像そのものです。フリーランスの方が正社員や転職、再就職で二の足を踏んでしまう理由は2つに分けられます。1つは自分に自信があり、まだまだフリーランスで働けると考えている場合です。そしてもう1つはネガティブで自己評価が低く、フリーランスとしての実績や業務内容に乏しく、再就職の際に有利になるものがない場合です。実はどちらの場合も正社員を目指して転職することは可能です。

しかし、フリーランスエンジニアを名乗っていただけで、生活できるほどの年収を得ていない場合のみ、アピールポイントがないため売り手市場の今でも評価が得られず多少難しくはなることもあるでしょう。自分自身が名ばかりのフリーランスエンジニアではないかと質問されて、そうではないと言い切れるのであれば再就職活動をするのに不足する部分は、まったくありません。もし、フリーランスエンジニアの方で生計を立てられるくらいに活躍している方であれば新卒者よりアドバンテージも大きいので、自信を持って行動に移すべき最高のタイミングであるといえます。

フリーランスと正社員の違いは「自由かどうか」ではない

組織を離れ正社員からフリーランスになるときには自分自身の知識や能力・強みだけで組織に縛られず自由に希望通りの仕事ができます。組織のためではなく、自分のために自分の収益を得ることが可能です。自由に仕事ができるイメージを持つ場合もあります。もちろん、勤務時間による時間的拘束や残業や通勤時間なども含めてお金ではない部分で不自由しているように感じることもあるでしょう。

しかし、時間的な自由についても実際には自由だからこそ自分で休みを作れないときもあり、在宅で仕事をしていれば公私の垣根がなく気持ちの切り替えができないこともあります。ここで改めてフリーランスと正社員の違いと、自分が何を重視するかについて再確認してみましょう。

【フリーランスのメリット】

  • 勤務地や時間に縛られることがない
  • 自分のペースで仕事の受発注が可能
  • 長い休みを取るのも容易でありイベントに参加しやすい

【フリーランスのデメリット】

  • 収入が安定しない
  • 長く続けられる保証がない
  • 企業の福利厚生による恩恵がない

【正社員のメリット】

  • 安定した収入、年収が得られる
  • 勤務態度によって定年や雇用期間まで契約が続けられる
  • 企業による社会保障や福利厚生が受けられる

【正社員のデメリット】

  • 通勤や勤務時間による拘束がある
  • 決められた仕事以外はできない
  • 長期休暇などは取りにくくプライベートなどのイベントに参加しにくい

フリーランスエンジニアのワークスタイルや企業によっては他にもメリット・デメリットはありますが、基本的には双方のメリットとデメリットが逆になるものが多いです。どちらにもメリット・デメリットがあり、自分のタイミングに合わせて働き方を変えていけるスタイルであることは今後も重要な要素であるといえます。ただ、正社員からフリーランスとして働き始めるよりも、フリーランスから正社員として入社するほうが本人的にはスムーズに仕事を始められる可能性は非常に高いです。

フリーランスになるときは足りなかった技術や知識・情報を確実に得た上で再就職するのですから、単純にエンジニアとしてのスキルアップではなく、ビジネススキルとして必要なものを全部持っている状態といえます。

自分ひとりで全部こなしていたとすれば、担当として与えられた業務内容だけをこなしていくことは難しくないですし、会社員勤めのころの自分と比べた場合に自分でも信じられないくらいにスキルアップしていることを実感できるはずです。

まとめ

フリーランスエンジニアの方で転職や正社員について悩んだ場合、考えるよりも希望の企業に応募してみるなど行動に移してみることが重要です。フリーランスとして磨かれたビジネスに必要なコミュニケーションや営業力などの技術やキャリアは再就職の際に確実に良い方向に働きます。

案件の受注や、仕事の依頼を確実に受けるためにしていたことを思い出しましょう。自分自身の売り込み方や面接する側の気持ちも含めて、フリーランス=一企業として小規模ながら事業をしている仕組みも十分に理解しているはずです。

目に見えない不安を感じてしまうよりは、フリーランスで培った実力を思う存分に発揮するために、将来を見据えて安定した生活のためにも情報収集しつつ検討する余地があることを忘れないようにしてください。現在フリーエンジニアで、転職や正社員に戻れるのか不安に感じている方のご参考になれば幸いです。

【相談無料】案件の紹介や自身のキャリアについてなど相談したい方はこちら
スタートアップ、ベンチャー、大手・上場企業、VCなどIT業界の人脈豊富なコンサルタントがサポートさせていただきます

Return Top