フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

フリーランスで活躍するために必須なコミュニケーション能力。技術だけでは食べていけない!?

フリーランスで活躍するために必須なコミュニケーション能力。技術だけでは食べていけない!?

会社を辞め独立してフリーランスエンジニアになったから、上司や部下、同僚などと「うまくやる」必要もなくなり、コミュニケーションにおいては楽になったと考えてはいませんか?
実は、会社員よりもフリーランスエンジニアの方が、コミュニケーション能力の高さが求められる場面が多いものです。

考え方によっては、開発言語のスキルを磨くよりも重要であるともいえます。この記事では、「コミュニケーション能力とは」から、「フリーランスエンジニアにコミュニケーション能力が必要となる理由」、そして「コミュニケーション能力の磨き方」まで紹介していきます。これからフリーランスエンジニアになる方、またコミュニケーション能力でお悩みのフリーランスエンジニアの方は、ぜひとも最後まで読み進めてみてください。

そもそもコミュニケーション能力ってどういうもの!?詳しく教えて知りたい!

「コミュニケーション能力」は、社会人なら当たり前に重要視されるスキルであることは疑いようがありませんよね。しかし、具体的にどういった能力を指すのでしょうか。まずは、インターネット百科事典「Wikipedia」でリサーチしてみました。

・引用:Wikipedia( https://ja.wikipedia.org/wiki/コミュニケーション能力 )

コミュニケーションはラテン語: communicatioに由来しており、「分かち合うこと」を意味している。「コミュニケーション能力」という表現は様々な用いられ方をしており、以下のような意味で使われることが多い。
言語による意志疎通能力(#言語学用語の「Communicative competence」を参照)。「コミュニケーション能力」という言葉は、元々は言語学の分野で用いられた学術的な用語であった。
感情を互いに理解しあい、意味を互いに理解しあう能力。感情面に気を配って、意味をわかちあい、信頼関係を築いてゆく能力。非言語的な要素(相手の表情、眼の動き、沈黙、場の空気など)に十分に注意を払うことで、相手の気持ちを推察する能力(非言語コミュニケーション)
上記の非言語的な要素により知った相手の気持ちを尊重して、相手に不快感を与えないタイミングや表現で、自分の感情や意思を相手に伝える能力
意思疎通、協調性、自己表現能力(厚生労働省による就職基礎能力の定義[2])
社会技能(ソーシャルスキル)。暗黙知。
上手にコミュニケーションを行うための体系づけられた知識、技術(コミュニケーションスキル)
合意(コンセンサス)形成能力
「論理的コミュニケーション能力」(自己の考えを論理的に明確に、相手に表現する能力)
会話のキャッチボールを上手く行える能力
企業が求人広告等で応募者に要求している「コミュニケーション能力」は、ビジネスシーンにおいて発揮が期待される精選された「折衝能力」「交渉能力」「説得能力」を指しており、必ずしも対人コミュニケーション一般を円滑におこなうスキルをもって満足するものではない

 

このように非常に細かくたくさんの定義がありますが、何かしらの取引を行う以上すべての作業が1人で完結することはないビジネスの現場であれば「意思疎通」という部分にキーがありそうですね。自分と他者との間で意味を分かち合い、情報をやり取りしたり信頼関係を築いたりすることです。これにはスムーズにやり取りを行うための気配りや気づかいも含まれます。

社会人になってからのコミュニケーション能力は円滑な業務遂行に欠かせない能力となります。そのため、学生時代に友人と楽しむ会話や、就職活動のときとはまた違った側面を見せてくるのです。例えば営業活動の際に自社や自分の話ばかりしてしまい、クライアントのニーズや悩みをまったく聞けていないようなケースであれば、意思疎通が行われているとは言い難く受注につながらないでしょう。逆に開発現場にて仕様策定の打ち合わせの際に、相手の要望を聞いているものの実はよくわかっていなかったり費用感が合わないのにその場では請負ってしまい、いざ作業に着手したら炎上…。これも自分の意見や主張をせず相手との意思疎通が行われていないことが原因となります。社会人であれば大小問わずこのような経験を得てコミュニケーションの大切さに気付いていくのではないでしょうか。

これらのケースでは、コミュニケーションが取れているとは言いません。どこに行っても、何歳になっても自分ではない誰かとかかわらない限りビジネスは行えないわけですから、必ず付いて回ってくるこのコミュニケーション能力、次の章で少し深堀りをしてみます。

コミュニケーション能力は「聞く力」と「伝える力」に大別できる

それではコミュニケーション能力をもう少し深堀りしていきます。コミュニケーション能力は、大きく分けて2つの能力に分けることができます。「聞く力」と「伝える力」です。この2つでビジネスにおける多くのコミュニケーションは成り立っています。ビジネスで重要であると言われる「報・連・相」を行うときに欠かせないものとなります。どちらが欠けても円滑な意思疎通を行うことはできません。

「聞く力」は主に相手の指示を受ける場面で使われますね。指示内容の背景や相手の意図をくみ取る必要がありますし、相手の話すトーンや口調から緊急度や重要度を判断する必要もあるでしょう。「伝える力」はまさに前述の「聞く」側ではなく「話す」側になったとき。遠回しな言い方や含みのある言い方で指示を受けて、その通りに作業を遂行したものの「察しろよ」と言われた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。「伝える」際に相手が疑念や不安を抱かずに作業に入れるようにする必要がありますね。

フリーランスにはコミュニケーション能力が必須!その理由とは!?

フリーランスエンジニアになってから、コミュニケーションの大切さに気付いた方は少なくないのではないでしょうか。開発現場で周囲のエンジニアやディレクターと相談や報告をしていればよかったのが、営業活動や経理業務、行政機関との対応などコミュニケーションをとる対象も機会も増えたはずです。必然的に会社員時代よりコミュニケーション能力が必要になるわけですね。

・営業や交渉が必要
エンジニアの方は会社員時代には営業活動などをやったことがない方も多いかもしれません。しかしフリーランスになって独立したからには仕事を自分で取ってこなければいけませんし、それができなければ収入が増えることはありません。新規の営業活動だけでなく作業に着手するにあたり単価や条件の交渉もすべて自分で行わなくてはいけません。上手くできないと足もとを見られたり、こちらに相談なく悪い内容の条件で契約をすすめられたりしてしまいます。対面でのコミュニケーションが必要のないクラウドソーシングプラットフォームにおいても、メールやチャットなど文章でのコミュニケーションをうまく取らないといけません。

・打ち合わせでのやり取り
フリーランスでも会社員でも、新たな案件に取り掛かるときには、メンバーが集まって今後の仕事の進め方や進捗の管理等について打ち合わせがあるでしょう。クライアントの意図をくみ取り、同じチームのメンバーと意思疎通を行うには「聞く力」と「伝える力」が必要です。「伝える」と言ってもうまくプレゼンすることが大切なのではなく、できることできないことを真摯に伝え意思疎通を行うことが最も大切です。フリーランスである以上、会社と違い誰かがフォローしてくれるわけではありません。独立した以上すべてが自分の責任となるわけですから自分の経験や能力を過信することなくコミュニケーションを図りましょう。

・常駐案件での人間関係の構築
フリーランスエンジニアは、客先常駐で契約をして仕事をすることも多いでしょう。その際に、参加したプロジェクトごとにチームのメンバーとゼロから人間関係を構築していく必要があります。上手くコミュニケーションが取れず仕事に影響が出ると、厳しい評価が下されやすいのもフリーランスエンジニアの特徴です。正社員とは違いますから指導や教育をしてくれるわけではありません。最悪の場合契約満了前に契約解除なんてことも…。チームになじんでうまく仕事を進めるためにも、客先からリピート契約をもらうためにも、コミュニケーション能力は高いにこしたことはありません。

必須なのはわかったのでコミュニケーション能力向上のポイントも知りたい!

コミュニケーション能力は、一日で身につくものでもなく、これまでオンタイム・オフタイムで他者と接してきた経験が今のあなたのコミュニケーション能力のベースとなっています。誰とでも苦も無くコミュニケーションをとれる方もいれば、初対面だと会話の糸口さえつかめず挨拶を交わして以後無口…という方もいるでしょう。
では、コミュニケーション能力については鍛えることができないのでしょうか。答えは「否」です。一朝一夕では身につかないかもしれませんが、コミュニケーション能力も後から十分に鍛えることができます。

上記の2章で、コミュニケーション能力には「聞く力」と「伝える力」があると述べましたが、コミュニケーションが苦手な方はまずは「聞く力」から鍛えてみることをおすすめします。
これには心理学やカウンセリングの世界で言われている「傾聴」と呼ばれるテクニックが役立ちます。相手の話に耳を傾ける技術のことで、これだけでも書籍やインターネットで検索するとかなりたくさんの技術があるでしょう。ひとつひとつ参考にして意識しながら相手の話に熱心に耳を傾けることで、この傾聴のテクニックは磨かれていきます。

次に「伝える力」ですが、こちらはやや難しいです。おすすめの方法は、身の回りのコミュニケーションが上手な方をモデリングする方法といえます。「どんな口調で」「どんな話題を」「どんな身振り手振りで話しているか」を観察して真似します。場合によっては鏡の前で練習してみたり、発声練習を繰り返したりするのが有効です。

ハイレベルなコミュニケーションスキルを身につけたい場合、スピーチセミナーや話し方講座など、専門的にコミュニケーションの技術を教えている団体に参加するのがおすすめです。一朝一夕では身につかないコミュニケーション能力ですが、努力して積み重ねるとあなたの人生に多大な恩恵をもたらすものですので、ぜひともがんばってみてください。

まとめ

フリーランスエンジニアにおけるコミュニケーション能力の重要性についてご説明してきました。いかなる雇用形態で働くにしろ、人と人とが関わりあってビジネスをする以上、円滑な意思疎通なくして良い仕事はできません。

フリーランスエンジニアなら営業をしたりして案件を取ってくることにもコミュニケーション能力は関わってきます。まずはコミュニケーション能力の必要性を理解し、次に能力向上の努力も欠かせないことが活き活きと活躍できるフリーランスエンジニアになるための条件のひとつです。今回の記事が、あなたのフリーランスエンジニアライフのお役にたてれば幸いです。

【相談無料】案件の紹介や自身のキャリアについてなど相談したい方はこちら
スタートアップ、ベンチャー、大手・上場企業、VCなどIT業界の人脈豊富なコンサルタントがサポートさせていただきます

Return Top