フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

【知っておきたい契約のこと】派遣契約・準委任契約・業務委託契約って何が違うの?

【知っておきたい契約のこと】派遣契約・準委任契約・業務委託契約って何が違うの?

フリーランスとして働く場合、フリーランスであるあなたは仕事を開始するにあたり、仕事の依頼者である会社や行政機関などとの間に契約を結ぶ必要があります。そのときの契約形態により、成果物の責任範囲、報酬面で違いがあり仕事への取り組み方やキャリアの作り方にも影響があります。

仕事を受けるにあたり契約内容の確認を行うことは、後々のトラブルにつながらないためにも大切なことです。正社員時代と異なり会社のサポートを受けることもできず責任はすべて自分にかかってきます。契約形態には準委任契約、請負契約、派遣契約がありその種別は民法で定められています。これらの雇用形態について内容を理解しておくことをおすすめします。

また、業務委託契約という言葉もありますが、契約書上の名前としてはあっても、民法で定められた契約種別には存在しません。業務委託契約は、民法で定められた契約種別の準委任契約に相当するものが多いという傾向です。

フリーランスで働く際によく聞く働き方にまつわる3つの契約

契約の基本となる準委任契約、請負契約、派遣契約の概要についてお伝えいたします。それぞれの契約の違いや利害得失を理解し、あなたがする仕事に最適な契約が締結できるようになりましょう。

・準委任契約とは

準委任契約は、民法第656条では、「法律行為でない事務の委託について準用する」と説明されています。準委任契約とは会社などの仕事の依頼者(委託者)があなた(受託者)に事務を委託する場合の契約です。

ただし、法律行為ではない事務に限ります。準委任契約は、IT業界ではSES契約と呼ばれることもあります。フリーランスエンジアは、設計・開発・テストなどの事務作業を準委任契約で締結し、事務作業を契約期間中に実施することにより報酬を得ることができます。報酬の支払いは、一定期間ごとに支払われます。

・請負契約

請負契約は、民法632条では「請負は、当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対してその報酬を支払うことを約することによって、その効力を生ずる」とされています。

請負契約では請負人が、設計・開発・テストなどの作業を実行し、その作業結果である成果物を完成させ注文者である会社に納品することが必要です。請負人であるあなたが成果物を納品すると、注文者により納品物の検収が行われます。検収の結果、納品物が合格になれば検収完了となり請負人に報酬が支払われます。請負人にとっては、請負契約の契約期間が長いと金銭面でのデメリットがあります。

注文者の検収終了後、請負人の納品物に対して一定期間は瑕疵(かし)担保期間が設定され、その間に注文者により納品物の不具合が発見された場合には、請負人は無償で手直しが必要になります。

これに対して、準委任契約では、受託者は成果物を完成させて納品する完成責任はありません。準委任契約は契約期間中、専門知識を有したエンジニアなどとして事務作業をすることを約束する契約となります。また、準委任契約では瑕疵担保責任もありません。

・派遣契約

準委任契約と派遣契約、委託社員や派遣社員など“社員”と呼ばれることもあり、どちらも客先となる会社で作業をすることが多いので違いがわかりにくいでしょう。両者の違いですが、準委任契約は行為(業務)の委託に関する契約であり、これに対して派遣契約は雇用に関する契約だということができます。

すなわち、指揮命令権は準委任契約は本人にありますが、派遣契約は常駐先にあります。また報酬は準委任契約においては、一定期間ごと(例として、1カ月ごと)ですが、派遣契約は主に時間で報酬を支払う時給制となります。

・委任契約(準委任契約でなく、ただの委任契約について)

準委任契約でなくただの委任契約について見てみましょう。委任契約は民法第643条において「委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる」とあります。

委任契約は、法律行為の事務を委託する契約です。準委任契約との違いは法律行為の事務を行うか否かの点になります。

準委任契約、請負契約、派遣契約の違い

前章で準委任契約、請負契約、派遣契約の概要について解説いたしましたが、準委任契約、請負契約、派遣契約の違いについて整理しましょう。まず準委任契約と請負契約の違いについて述べ、次に準委任契約と派遣契約の違いについてお伝えいたします。

・準委任契約と請負契約の違い

準委任契約と請負契約の違いについて、以下の表にまとめます。完成責任、瑕疵担保責任、報酬の観点から両者を比較します。

項目 準委任契約 請負契約
完成責任
瑕疵担保責任
報酬 一定期間ごとに発生します

例として、1カ月ごと

注文者の検収完了時点

完成責任、瑕疵担保責任は、請負契約にはありますが準委任契約にはありません。報酬は準委任契約では一定期間ごとに支払われますが、請負契約では注文者の検収完了時点に支払われます。請負契約の場合は業務時間や期間によって報酬が増減することはありません。

・準委任契約と派遣契約の違い

準委任契約と派遣契約の違いについて、以下の表にまとめます。いずれも客先常駐型の仕事が多い傾向です。しかし指揮命令権が本人、受注先いずれにあるかが大きな相違点になります。準委任契約においては案件ごとに自分で委託者と契約しますが、派遣契約では派遣会社との雇用契約。すなわち派遣社員の身分となります。両者の違いについて、報酬、指揮命令権、契約、期間等の観点から比較します。

項目 準委任契約 派遣契約
指揮命令権 本人にあります 常駐先にあります
契約 案件ごとに委託者と契約 派遣会社との雇用契約
期間 契約で定めた期間です 契約で定めた期間です

同一事務所で3年が上限

報酬 一定期間ごとに発生します

例として、1カ月ごと

主に、時給制です
税金 本人が確定申告します 派遣会社が行います
年金・健康保険 本人が手続きします 派遣会社が行います
福利厚生 派遣会社に準拠します

両者には、税金、年金・健康保険、福利厚生面についても相違があります。

準委任契約のメリット・デメリット

準委任契約のメリット・デメリットについて整理してみましょう。

【メリット】

・定期的に収入がある

準委任契約では一定期間ごとに収入が得られます。これにより金銭面でのメリットが得られます。これに対して請負契約では成果物を納入し検収完了後に報酬が支払われるので、契約期間が長い場合などには金銭面でのデメリットになります。

・瑕疵担保期間がない

請負契約では成果物の納品後、不具合が発生した場合には請負人であるあなたが改修する必要があります。これに対して準委任契約では、契約期間終了後に受託者に対して不具合などへの対応が必要になることはありません。

・多くの現場を経験できます。

さまざまな会社や現場を経験することができます。合わせて業務に必要な新しいスキルを身に着けることにより専門力向上につながります。さまざまな現場で即戦力となれるようにスキルを磨けば、あなたのエンジニアとしての市場価値を高めることが可能になります。

【デメリット】

・ビジネスの意思決定にかかわる機会が少ない

ビジネスの根幹の意思決定は委託者で行われるため、その分受託者はビジネスの意思決定にかかわる機会が少ないといえます。また受託者は新規プロジェクトを主導する機会などにも恵まれません。

・定期的に案件を探す必要がある

準委任契約には一定の契約期間がありますが、契約期間が終了すれば次の仕事のため新たな契約を自分で探す必要があります。

まとめ

契約書には、契約形態が明確に記述されていないことがあります。正社員ではないため会社のサポートを受けることもできません。フリーランスである以上会社と対等は個人事業主という扱いとなります。案件を受注するにあたっては必ず契約形態の確認を行い、後々のトラブルにつながらないようにしましょう。もし自身で契約詳細を詰めていくのが苦手という方にはエージェントなどに登録してみるのもひとつの手と言えるでしょう。さまざまなエージェントがありますが、多くのエージェントは無料で登録ができ、クライアントの紹介や契約手続きの代行、キャリア相談や福利厚生サービスの提供を行っています。手数料はかかるものの手厚いサポートを受けることができますので、煩雑な契約手続きやトラブルなど有事の際にサポートが欲しい方はエージェントの活用を具体的に考えてみましょう。

【相談無料】案件の紹介や自身のキャリアについてなど相談したい方はこちら
スタートアップ、ベンチャー、大手・上場企業、VCなどIT業界の人脈豊富なコンサルタントがサポートさせていただきます

Return Top