フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

千手観音も夢じゃない!タスク管理を加速させる神アプリ・ツール4選

千手観音も夢じゃない!タスク管理を加速させる神アプリ・ツール4選

「フリーランスエンジニアで成功したい」「どんどん仕事をこなして、フリーランスでの収入を安定させたい」という想いがある人もいるでしょう。志半ばで夢や希望で終わりにしたくは、ありませんよね。

フリーランスで「成功」の2文字を手に入れるためには、どうすればいいのでしょうか?それにはいくつか重要点はありますが、仕事をしていくうえでの基本「スケジュール・タスク管理能力」は、とても大切です。

たとえどんなに素晴らしい仕事をしても、納期が遅れるような事態になっては仕事の評価が半減してしまうかもしれません。そこで今回は「スケジュール・タスク管理の重要性」とフリーランス必見の「タスク管理アプリ・ツールの活用」を厳選してご紹介します。

タスク管理能力をUPして、仕事の量と質をUPすべし

フリーランスとして成功するためには、以下の2つは必要不可欠です。

・仕事の納期を確実に守る
仕事の納期を確実に守ることは、フリーランスとしては需要項目といえます。なぜなら企業からフリーランスとして仕事を依頼される案件は、1つのプロジェクトに対して何人かのスタッフが関わっていることが多いものです。1人1人の作業計画に合わせてプロジェクトは進んでいきます。納期に遅れてしまうということは、プロジェクト全体の作業スピードに影響を及ぼすこととなるのです。そのため提示された納期の中で、自分なりにクオリティが高い仕事をすることがフリーランスの使命というわけです。

・スケジュールを組んで、効率的に仕事をこなす
1年は365日、そして1日は24時間というのは世界共通のルールです。フリーランスとして成功するためには、限られた時間の中で綿密なスケジュールを組んで案件を効率的にこなしていく能力が求められます。どんなに納期を守ることができても、タスク管理が苦手だとスケジュールに極端に空きが出てくることもあるでしょう。こなせる案件やプロジェクト数が少なくなると収入に影響が出てしまいます。フリーランスは、自分で仕事の内容を判断して、スケジュールを組んでいくことも需要なスキルの1つなので、苦手で済ますことはできないのです。

フリーランス必見!タスク管理能力をUPさせる【神アプリ・ツール】

フリーランスとして成功するために、必要不可欠なタスク管理能力です。能力を引き延ばすためには、経験を積んで失敗体験と成功体験を繰り返すべきだという人もいます。しかし、フリーランスの場合はそうはいきません。失敗が自分の実績や収入に大打撃を与えますので、簡単に失敗するわけにはいきません。しかもこれまで正社員として勤めていて自分は開発に集中、QCDの管理はディレクターがやってくれていたとなればスケジュール管理に苦労するでしょう。そこで便利なのが「タスク管理アプリ・ツール」です。1人で戦っていかなければならないフリーランスだからこそ、有効に活用していきましょう。

・無料で神レベルの機能!ガントチャート管理が特徴の「Brabio!」
フリーランスの場合、細かな案件を受注した場合は基本的なスケジュールは個人管理ですが、プロジェクトの一員として開発の依頼を受けた場合は、プロジェクトメンバー単位で仕事を進めていきます。そこで個人でもプロジェクト単位でも対応可能ですし、フリーランスエンジニアの間で評判が高い「Brabio!」をおすすめします。活用方法はシンプルですし、最大の特徴はなんと言っても無料なところ。フリーランスとしては、できるだけ経費節減したいところです。
また、ガントチャートでタスク管理ができる点も非常に魅力的。ガントチャートとはタスクごとのスケジュールが横タイプの棒グラフで管理できるものです。
複数のタスクの開始日、終了日などが一目で確認できるので同時進行の作業も効率的に進めていくことができます。もちろんプロジェクト管理にも長けているので、進捗状況の入力やグラフを使用した分析、細かなタスクのTodo管理など業務向上に役立ちます。

・フリーランスの面倒を解決!日程調整を簡潔化するアプリ「Cu-hacker」
フリーランスは仕事の契約、打ち合わせの日程調整、開発作業、経理など多くのことを1人でこなさなければなりません。そこで少しでも業務をスムーズに進めるために「Cu-hacker」が役立ちます。意外と手間がかかる日程調整がスムーズに行えるアプリです。Googleカレンダーと連携しているアプリで、使い方はいたって簡単。自分のカレンダーから都合の良い日程を選択し設定すると自身の希望日と返信URLがテキストで自動作成されます。それをコピペしてメッセージに貼りつけて送信すれば日程調整完了です。

ちなみに、空いている日しか選択できないのでダブルブッキングのリスクもありません。メールの受信者は、URLから予定調整画面に入り、候補日内で自分の都合の良い日が選択可能です。メール受信者はCu-hackerにユーザー登録をしていなくても利用が可能なので、相手に手間を取らせる心配もありません。

・大手企業も続々利用!カード形式の直感操作が早い!Jooto
最大の特徴は、画面操作がとにかく簡単なところです。使い方が簡単で設定のための複雑な操作がないので利用開始してすぐに使いこなせます。タスク1つ1つがカード形式で管理されているので、ドラッグやドロップなどの日常的な動作で、サクサクと操作が可能です。
また、管理進行中・完了・承認済みなどの作業状況に応じて分類されるので、自分がしなければいけない作業も一目瞭然です。手戻りが多いと納期に間に合わないことも出てくるため、開発の進捗管理は細かなタスクをスケジューリングし1つ1つ順番にこなしていく確実性が必要となりますが、Jootoにはガントチャートも搭載されているのでとても便利です。有料プランとなりますが、WEBディレクター・システムエンジニア、映像制作関連のお仕事をされている方におすすめです。

・視覚的な把握の仕方がスマート!無料ツール「Trello」
フリーランスとして複数のタスクを掛け持ちしていると、抜けが発生してしまったり作業の進行具合がうまく把握できなかったりすることも少なくありません。そこでおすすめするのが、まるでホワイトボードにタスク情報を貼りつけているような感覚で使える「Trello」です。
タスクが増えるたびにカードを増やし、場合に応じて削除・並び替え・移動が人差し指1つでできる簡単スケジュール管理ツールとなっています。ボードの内容は常にアップデートされますので、いつでも最新状況を把握しながら作業を進められるのもうれしいポイントです。

効果的にツールを使いこなすためには?

スケジュール&タスク管理ツールを上手に自分の仕事に取り入れていくためには、「ツールの特徴」と「自らの業務改善点」を一致させる必要があります。具体的には、日程調整が面倒だと感じたら、カレンダーとリンクした日程調整専用ツールを使うことです。そしてタスクの進行状況が把握しきれない場合は、視覚的に管理できるカード形式のツールにするということです。今回紹介しているアプリはどれも面倒な設定は必要なく使い方もシンプルなものばかりです。
どんなに巷で評判のアプリでも職種によっては物足りないこともありますし、複雑すぎて使いこなせないことも少なくありません。いくつかのツールを試しに使ってみて自分に合うものを探してみましょう。

まとめ

ここまでタスク管理におすすめのアプリとツールを中心にご紹介しました。フリーランスとして成功したいのなら、納期を守る・効率よく仕事の予定を組むなど、当たり前のことを当たり前にこなしていくことが大切です。「基本に忠実に」をフリーランスとしての心構えにしていきましょう。

【相談無料】案件の紹介や自身のキャリアについてなど相談したい方はこちら
スタートアップ、ベンチャー、大手・上場企業、VCなどIT業界の人脈豊富なコンサルタントがサポートさせていただきます

Return Top