フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

フリーランスエンジニアの法人成り。法人化するとどんなメリットがあるの?

フリーランスエンジニアの法人成り。法人化するとどんなメリットがあるの?

フリーランスエンジニアとして仕事を行っていて、順調に事業拡大して軌道に乗ってきたときに検討するのが法人化ではないでしょうか。そのまま個人事業主という身分でフリーランスエンジニアとして仕事をするか、それとも法人化した方がメリットとしては大きいのかは判断が難しいところです。
ここでは、フリーランスエンジニアの法人化についてメリット・デメリットをご紹介いたします。法人化を検討する時期に来ているフリーランスエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスエンジニアが法人化をするメリットとは!?

フリーランスエンジニアで一定の成果が出せてきたら法人化を検討するのは、さまざまなメリットがあるからです。一般的に広く知られているメリットから細かい部分まで、幅広く法人化のメリットについてご紹介します。

・社会的信用度が増す
会社を辞めてフリーランスエンジニアになってから実感するのが、個人だと社会的な信用を得ることが難しいという点です。営業をして仕事を取る際にも、法人でないからと不利益を被ることも少なくありません。
また、事業規模が拡大して人を雇用する際にも、個人名義で募集するのといち企業として募集するのでは反響が異なることは容易に想像できるでしょう。法人化すると、規模こそ小さくてもひとつの企業としてみなされますから、社会的信用度が増して取引をしやすく、また求人を行っても人が集まりやすくもなります。個人と法人の最も大きな違いはここにあります。余談ですが、1人だろうが手続きを行えば会社であるわけですから、あなたは社長となるわけです。対外的に社長と名乗ってもおかしくはありません。

・節税になる
フリーランスエンジニアで活躍している方は、所得税を支払っていると思いますが、個人での場合は累進課税方式が採用されるため、所得を稼げば稼ぐほど税率が上がっていってしまいます。対して法人化すると、所得に関係なくいくら稼ごうが固定税率(最高23.9%)である法人税が採用されるため、大きく稼げば稼ぐほど個人での納税に比べて得をすることになります。

また、法人税に限らず個人事業主よりも法人の方が、自分の給料や退職金など経費にできる部分が増えるため節税につながります。他にも、特定の条件を満たしていれば最大2年間消費税を払わなくても良い点も見逃せません。フリーランスエンジニアから法人化を検討する際に、多くの方に最も意識されるポイントが、このような節税でどのくらい得をするかという点です。法人化の判断の目安になりますので、よく覚えておきましょう。

・社会保険に加入することができる
個人事業主は保険といえば国民健康保険と国民年金への加入が一般的ですが、法人化すると代表者を含めて社会保険(健康保険及び厚生年金)に加入することができます。国民年金よりも受け取ることができる保険金額が多いというメリットのほか、求人を出す際にも社会保険完備という点をアピールすることができるのも法人化による大きなメリットです。

・決算の時期を自由に決めることができる
個人事業主の場合は、決算期は12月と決められており、忙しくてもそうでなくても変えることはできません。確定申告をしなくてはなりませんね。しかし、法人化すると決算期を自由に設定できますし、後で変更することも可能できます。経営上のテクニックとしては、繁忙期を避けて閑散期に済ませるようにしたり、資金繰りが苦にならない時期に納税のタイミングを合わせたりするということも可能です。事業を抱えており、常にお金のことを気にしなければならない経営者の方にとってこれは大きなメリットといえます。

デメリットについても押さえておきたい!

法人化にあたっては、メリットだけでなくデメリットもあります。個人事業主では気がつかなかったことでも盲点になることはあります。法人化に伴うデメリットとはどういったことでしょうか。主に4つにデメリットをわけて解説いたします。

・法人設立の手続きが煩雑で、手間や時間、お金がかかる
まず法人化するにはもろもろの手続きなどが必要となる点を知っておきましょう。個人事業主なら税務署に開業届を出すだけで良いので簡単ですが、法人化となるとはるかに煩雑な手続きが必要となります。自身で行う場合には吸収しなくてはならない知識は多大なものでしょう。それなりに時間と手間を要することを覚悟してください。また、出資金、登記の費用等お金が必要となります。株式会社の場合ですと登記だけで20万~24万円程度、専門家に相談したり委任した場合は、さらに10万円程度追加で費用が掛かります。

・会社の利益次第では税金の支払いがきつくなる
個人事業主は事業が赤字の場合税金はかかりませんが、法人となると会社の利益に関係のない均等割と呼ばれる法人住民税を毎月7万円ほど支払わなければなりません。年間84万円。時期尚早で無理して法人化をした場合などには、これが重くのしかかってくるという声も聞こえてきます。また、個人事業主でも法人でも大して税金面で変わりのない利益である場合、法人の方は税務処理が難しい分知識の習得や実作業を行うのに余計に時間と手間がかかり、人件費がかさみます。

・社会保険料の支払いがのしかかってくる
法人化すると、法人代表1人の場合を含め、加入要件を満たす従業員全員を社会保険に加入させる義務が生じます。社会保険料は労使折半ですので、半分は会社が負担することになりますので、まだスタートしたばかりで利益が上がっていない法人にとっては重くのしかかってくることもあります。

・個人事業主よりも会計・税金の処理が複雑になる
法人になると売上と共に利益が上がれば上がるほど一律税制ですので節税効果は高まります。しかし個人事業主の時よりも決算報告等も絡んでくるため複雑な会計・税金の処理が必要となりますので、それなりに勉強が必要となりますし手間も時間もかかります。節税効果が大して見込めない段階で法人化した場合は重荷になることもあるでしょう。
不要な税金を払わないためにも、こちらの対策は欠かせません。会計士や税理士等の専門家に委任したり、相談したりアドバイスをもらった場合は報酬を支払わなければなりませんのでその分負担も増えます。

フリーランスエンジニアが法人化するためにするべきこと5ステップ

フリーランスエンジニアが法人化するときにするべき手続きを以下にまとめてみました。それではひとつひとつ見ていきましょう。

1.設立の手続き
例えば株式会社を設立する場合には、会社の設立準備を進行する発起人をまず決定します。それから会社名や事業内容などの基本事項を決定、定款を作成します。これらが完了したら出資金の振込、そして法務局にて設立登記の申請を行います。
登記申請には申請書をはじめ作成した定款、印鑑証明、資本金振込が証明できるものなどと、登録免許税や定款認証等の費用で20万円~24万円程度の費用が掛かります。

2.法人口座を開設する
事業に使用する法人名義の口座を銀行で開設します。必要となる書類は各銀行によって異なりますが、WEBサイトに案内がありますので口座開設前に確認しておくとスムーズに手続きを行えます。
審査に時間を要する場合もありますので、法人化の手続きが一通り終わったら速やかに事業をスタートするためにも、設立の手続きが終わったら速やかに口座開設をしておくことをおすすめします。

3.役員報酬の決定
こちらの手続きは、会社設立から3カ月以内に決めなければならないと決まっています。事業年度が終わるまで変更することはできないため、その年の業績を見越して決定しましょう。あまり高く設定しすぎると社会保険料が上がってしまうため注意です。

4.各種方面への届け出
会社を設立した後、まっ先に行わなければならないのが、税関系の届け出です。国税関係は税務署、地方税関係は税務事務所へ届け出を行います。注意しなければならないのが、手続きによって期限があり個人事業主からの法人化だと事業開始から1カ月以内に開業・廃業届を提出しなければならないなど、中には期限が非常に短いものもあります。不備のないようにきちんと処理をしておきましょう。
また、法人はひとりでも社会保険の加入義務があります。健康保険と厚生年金への加入も管轄の年金事務所へ行って届け出を済ませておきましょう。ここまで完了すれば、法人設立は一通り完了したことになります。

5.取引先などへの案内・あいさつの作成
せっかく法人化したのですから、フリーランスエンジニアのころから付き合いのあるクライアントや知人・友人にいたるまで、なるべくたくさんの方に法人設立の案内を出して、認知してもらいましょう。案内に記載する事項は以下のようなものです。

  • あいさつ
  • 新たに設立した社名及び屋号
  • 開業日時
  • 住所、電話番号、メールアドレス等の連絡先
  • 取り扱う事業内容

案内・あいさつまで済ませたら、法人としてのスタートです。これまで以上に事業をがんばって、法人化の恩恵を享受しましょう。

まとめ

フリーランスエンジニアが法人化するにはさまざまなメリットやデメリットがあります。しかし、法人化に踏み切る一番の目安となるのは社会的信用度と税金面です。いきなり法人化をして信用を盾に案件を獲得してゆく方法もありますが、エンジニアに限って言えば一般的にはこの両者のバランスが取りやすい年間600~1,000万円の収入(事業としては売上)が毎年継続できると判断した時期を目途に、法人化を検討するのがベターではないでしょうか。今回の記事が、あなたのフリーランスエンジニアライフのお役にたてれば幸いです。

【相談無料】案件の紹介や自身のキャリアについてなど相談したい方はこちら
スタートアップ、ベンチャー、大手・上場企業、VCなどIT業界の人脈豊富なコンサルタントがサポートさせていただきます

Return Top