フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

これからどうなる?Swift4の今後の展望

メディアなどの報道などによりますと、アップルは2017年の秋ごろには、Swift4のリリースを予定しているとのことです。今回はそのSwift4について詳しく見ていきましょう。

Swift4が目指しているもの

Swift4が目指す方向は、すでにネット上などでも様々な情報が公開されています。とりわけ、Swift3で書かれたソースコードの安定化と標準ライブラリのABIの安定化が代表的です。この2つの目標達成のために、あえて開発は二段階に分かれており、2017年秋には、まずステージ1の達成が求められています。

ステージ1の目標

ステージ1では、まずソースの安定性とABI安定性に必要な課題がフォーカスされています。ソースの安定化では、Swiftの言語バージョンが異なる場合でも同じコードに共存可能となる予定です。一方で、ABIの安定化では、コード生成に関してSwiftランタイムとのやりとりを含めた改善が施される予定です。これにより、SwiftのパフォーマンスやSwiftの今後の方向性に大きな影響を与える改善となることが予想されます。

さらにジェネリクスの改善では下記の項目が強化される見込みとなっています。

  • 条件付き適合
  • 再帰的なプロトコルの適合
  • Where節を使った条件付き関連型

Stringの再評価にあたっても、Unicodeの正確さを維持しつつ、より使いやすいStringを目指すとしています。

ABIの大幅な安定化は延期される予定

ステージ1では、当初のロードマップに含まれていたほどのABIの安定化は延期される見込みであることが分かりました。ステージ1では、コンパイル時間の改善やコンパイラの安定化を優先しています。従って、ABIの安定化の多くは、ステージ2に引き継がれることが濃厚となってきています。

ステージ2の目標

ステージ2ではさらにいくつかの変更が予定されています。まず、ソースの破壊的変更があげられます。「破壊的変更」という言葉は過激ですが、既存の構文・APIは壊してでも変更していき、新規で追加する構文・APIについては、より良いものに限定し、既存のものとのコンフリクトは避けることが予定されています。

また、既存のAPIからでも自動で移行できるようにすることも目標としているようです。さらに既存の標準ライブラリの改善も行われる予定で、これにはコレクションアルゴリズムをはじめ、Dictionaryなどの改善も含まれることになります。

そして、ステージ2にはFundationの改善も含まれています。かねてからSwiftではCocoa SDKをシームレスに作動できるように、Foundation APIの改良が進められています。
これらの他にも所有権に基づくメモリ管理・Memory Ownership Modelも可能になる見込みで、現在議論などが進められている模様です。
ABIの安定化も含め、ステージ2の目標が達成されれば、Swiftはかなりの進化を遂げることになり、ローンチの具体的なタイミングが注目されます。

【相談無料】案件の紹介や自身のキャリアについてなど相談したい方はこちら
スタートアップ、ベンチャー、大手・上場企業、VCなどIT業界の人脈豊富なコンサルタントがサポートさせていただきます

Return Top