フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

フリーランスエンジニア/デザイナーの為のお役立ちコンテンツとテック情報をお届けする【エンデック】

チャレンジしてみよう!Swift3への移行手順

高レベルの機能が実現しているSwift3ですが、Swift2を使用しているユーザーがSwift3を使用したい場合は、移行が必要となります。
Swift2からの移行は決して難しいものではなく、決められた手順を踏めば、簡単に実現が可能です。
今回は、Swift3への移行の大まかな手順について詳しく見ていきましょう。また、Swift2.2を使用している場合は、一旦Swift2.3へ移行してからSwift3に移行するといった方法も考えられますので、こちらもあわせて紹介します。

Xcode8のマイグレータで自動変換をしてみる

Swift2で使用している既存のXcodeプロジェクトをSwift3に移行するのであれば、Xcode8のマイグレータ機能を利用します。これにより自動的にSwiftのバージョンアップに対応して自動変換が可能になります。ライブラリを利用している場合には、その部分をSwift3系に対応したバージョンにアップデートしておくことが重要です。

Xcode8 を開き、旧バージョンのSwiftにおけるプロジェクトならびにソースコードを新バージョンに移行する選択すれば、移行プロセスを簡単に開始することが可能となります。
具体的には、「Convert to Swift3」を選択し「Next」ボタンを押せば、変換対象のビルドターゲット選択ダイアログが現れます。ここで変換をしたいターゲットのチェックボックスにチェックを入れて、さらに「Next」ボタンを押していくと、自動変換内容の差分確認画面が表示されます。差分を確認して「Save」ボタンを押せば、自動変換内容は確実にソースコードに反映され、保存されることになります。これだけでソースコードの文法もSwift2からSwift3へと自動変換が行われることになります。

Swift2.3を経由したSwift3への移行

Swift2.2を使用している場合、一気にSwift3へ移行するのではなく、一旦Swift2.3を経由して移行するという方法も考えられます。
Xcode8にはSwift2.3というバージョンが用意されており、Swift2.2との言語仕様の差異はありませんので、Xcode8のダイアログで「Convert to Swift2.3」を選択すれば、移行することができます。
Swift2.3は容易な移行先として位置付けされており、その後にはSwift3へ移行することをアップルも強く推奨しています。

サポートの終了に注意

ひとつ気をつけなくてはならないのは、Xcode8.2がSwift2.3をサポートする最後のバージョンとなっていることです。
最新のXcode8.3ではSwift2.3をビルドすることができず、かつ、Swift3の現行バージョンはSwift3.1となっていますので、現在Swift2で開発されているプロジェクトは早々にSwift3へ移行することが望ましいでしょう。

【相談無料】案件の紹介や自身のキャリアについてなど相談したい方はこちら
スタートアップ、ベンチャー、大手・上場企業、VCなどIT業界の人脈豊富なコンサルタントがサポートさせていただきます

Return Top